エイジングケア化粧品に含まれている成分

年齢を重ねてもいつまでも若々しく美しい肌を維持するなら、エイジングケア化粧品を使用することが欠かせません。
現在、各メーカーから様々なエイジングケア化粧品が販売されていますが、多種多様となっており、どれを選べばいいのか分からないという方が大半です。

配合されている成分も様々なので、自分の肌に合う効果的なエイジングケア化粧品を選ぶためにまずは配合されている成分の役割をチェックすることから始めてみましょう。

エイジングケア化粧品には、若々しい肌を保つ優秀な成分が配合されています。



抗酸化作用や保湿作用を期待できる成分が含まれていることが多く、エイジング効果をアップするために欠かせない成分ばかりです。

例えば、ビタミンC誘導体やビタミンA誘導体、セラミド、プロテオグリカンなどの美容成分が含まれています。



また、最近注目を集めているナールスゲンもエイジングケア化粧品に含まれている成分の一つです。

ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたアミノ酸誘導体です。


特徴として分子量が極めて小さい水溶性の成分となっています。


コラーゲンやエラスチンなど若々しい肌を維持するのに欠かすことのできない美容成分を増やす作用があります。そのため、ナールスゲンが配合された化粧品を使用することで、シワやくすみ、乾燥肌の予防が期待できるでしょう。


さらに、目の下のクマ改善やたるみ、ほうれい線のケアにも嬉しい効果をもたらしてくれると言われています。