エイジングケア化粧品の代表的な成分とは

エイジングケア化粧品のエイジングケアとは、加齢に伴い出やすくなる現象などに対して効果的なケアのことです。近年では肌の老化と言うのは年齢を重ねることよりも、紫外線ダメージが大きいと言うことが明らかにされています。



しかしそうしたダメージも年齢を重ねることで積み重なっていきます。
そしてそこに加齢による肌の機能低下などが加わることで、より肌の老化が加速していくことも考えられるので、エイジングケア化粧品を使うことはこのようなことに対して効果的な対策だと言えます。

エイジングケア化粧品に含まれている成分は数多くありますが、その中でも代表的な成分と言えるのが抗酸化力を持った成分です。



抗酸化力と言うのは、活性酸素に対抗する力のことです。

何故、肌老化の最たる原因として紫外線ダメージが挙げられるのかと言うと、これは紫外線を浴び過ぎることで強い酸化力を持った活性酸素と呼ばれる物質が大量に発生するためです。


つまり活性酸素の酸化力により肌の細胞が酸化してしまうことで、肌の老化は急激に引き起こされると言うことです。

ですからエイジングケア化粧品には、活性酸素を抑制する作用を持った抗酸化成分が含まれていることが多いです。具体的な成分名としては、ビタミンCの刺激や壊れやすさをカバーしたビタミンC誘導体や、鮭やエビなどの色のもとになっているアスタキサンチン、肌の代謝に対しても作用を持つコエンザイムQ10が挙げられます。
また世界的に権威のある賞を受賞したフラーレンも、抗酸化力に優れた成分として、エイジングケア化粧品の中に配合されていることが多い成分のひとつです。